まもれ!関節 / リウマチ(関節痛)について、症状から治療法までを詳しく解説

 
リウマチってどんな病気? リウマチの症状 リウマチの治療 このサイトの監修
【 INDEX 】 このサイトの監修
  医師からのごあいさつ
 
【 監修 】 せきぐちクリニック リウマチ科/内科
 
このサイトの監修
関口直哉医師
せきぐちクリニック
院長 関口直哉
  身近なリウマチ医を目指して
 埼玉医科大学総合医療センターリウマチ・膠原病内科勤務後、平成20年12月、私の生まれ育った千葉県浦安市猫実5丁目にリウマチ科と内科のクリニックを開業いたしました。
 関節リウマチは、40代から多くなる比較的ありふれた病気にもかかわらず、その認知度は高いとは言えません。病名を告げると「診断されたら良い治療法がなく人生は終わりなんでしょう」と、落胆され涙を流される方もおられます。
 関節リウマチに対する考え方は、生物学的製剤の登場により治療体系が大きく変わり決して治ることがない難病から、治療により今までと変わらない生活を送ることができる、仕事をやめる必要がない病気へと変化しました。 つまり、発症早期から徹底的に病気の勢いを抑えることができる治療薬の登場で、関節を破壊から守り不自由のない生活を送ることが可能となったわけです。
 一般の方は、関節リウマチは関節だけが冒される病気と考えられますが、実は肺をはじめとして内臓も冒されます。加えて、治療薬の副作用には骨髄抑制、間質性肺炎、肝機能障害、糖尿病、肺炎などの感染症があり関節リウマチの治療は内科が必須です。
 当院の特長は、
1) 全員が内科医であるためリウマチ診療において頻繁におこる内科的問題に対して即座に対応できること
2) レントゲン、CT、超音波、血液迅速検査(院内で採血結果がすぐにわかる)の医療機器が充実していること
3) 入院を要する重い病態や原因不明の病態の場合、浦安市内であれば順天堂大学付属浦安病院や東京ベイ浦安市川医療センター、他の地域であれば東京歯科大学市川総合病院、慶応義塾大学病院、その他の大学病院との連携を生かし対応をお願いできることです。
 少しの関節痛でも見逃さず、無駄足でも良いからリウマチ専門医を受診し、関節破壊が進む前に治療をすることがとても大切です。「ストップ!関節破壊」を合い言葉にわれわれとともに戦いましょう。
 最後に、この「まもれ!関節」が皆様のご理解のお役に立てれば幸いです。


【院長略歴】
・埼玉医科大学卒業
・埼玉医科大学総合医療センターリウマチ膠原病内科
 - (竹内勤教授教室)勤務
・平成20年12月 せきぐちクリニック開設 現在に至る

【資格】
・日本内科学会総合内科専門医
・日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医
・日本医師会認定産業医
・日本糖尿病協会登録医

【所属学会など】
・日本内科学会
・日本リウマチ学会
・日本臨床免疫学会
・日本骨代謝学会 
・日本糖尿病協会
・日本リウマチ友の会
↑このページのトップへ
せきぐちクリニック(駐車場・駐輪場有) せきぐちクリニック(リウマチ専門医による治療)
所在地:〒279-0004 千葉県浦安市猫実5-17-27
TEL:047-306-3557
設備:エレベーター付き・全面バリアフリー
休診日:水曜日午後・日曜・祝日
当クリニックでは、院長をはじめ関節リウマチ専門医がよくお話を伺い個人個人にあった治療を選び、納得のいく最適な治療を外来で行っております。関節リウマチの勢いは診断後、3ヶ月、遅くとも6ヶ月以内に安定化させ関節破壊を防ぐことを信条に治療を行っております。
「現在の治療で良くならない」「もしかしてリウマチかも」などご心配のある方は、一度ご来院のうえご相談ください。
 
リウマチってどんな病気?  |  リウマチの症状  |  リウマチの治療  |  このサイトの監修
Copyright 2012 mamore-kansetsu all right reserved.